教育体制

継続教育

継続学習による能力維持・開発に努めることは、看護職自らの責任ならびに責務です。看護部は、看護師が教育と研鑽に根ざした専門性に基づき看護の質の向上を図ることができるよう、継続教育の機会とその質を保証しています。
看護における継続教育とは、看護の専門職として常に最善のケアを提供するために必要な知識・技術・態度の向上を促すための学習を支援する活動です。看護基礎教育での学習を基盤とし、体系的に計画された学習や個々人が自律的に積み重ねる学習、研究活動を通じた学習などさまざまな形態をとる学習を支援するよう計画しています。
個々の看護職が社会のニーズや各個人の能力および生活(ライフサイクル)に応じてキャリアをデザインし、自己の責任でその目標達成に必要な能力向上に取り組むことでキャリア開発を行います。また、一定の組織の中でキャリアを発達させようとする場合は、その組織の目標を踏まえたキャリアデザインとなり、看護部はその取り組みを支援しています。

教育目的

病院・看護部の理念に基づき、質の高い臨床実践能力と豊かな人間性を備え、医療チームの一員として、主体的行動がとれる看護師を育成する。

教育方針

  1. クリニカルラダーシステムに基づき、知識・技術・態度を習得できるよう、段階に応じた教育を支援する。
  2. 看護師個々の主体性を尊重し、教育の機会を提供することで、専門職としての成長を支援する。
  3. 社会人としての自覚をもち、やさしさと思いやりのある看護を提供できる看護師の育成を支援する

望む看護師像

看護実践において、高度急性期医療に対応できる臨床実践能力の高い看護師(ジェネラリスト)として、望む看護師像を挙げる。
  1. 専門的知識と技術をもち、対象のニーズに応じ、根拠に基づいたケアを提供できる看護師
  2. リーダーシップ・コミュニケーション能力を有し、チーム医療を推進できる看護師
  3. 自己のキャリア開発に積極的に取り組み、主体的に学習できる看護師
  4. 社会人としての自覚をもち、やさしさと思いやりのある看護が提供できる看護師

キャリア開発

専門職としての役割と責任を自覚し、質の高い看護実践と医療チームの一員として主体的行動がとれ、看護を通じて人としても成長できるよう看護師のキャリア支援を行っています。

方針

  1. クリニカルラダーシステムに基づき、知識・技術・態度を習得できるよう、段階に応じた教育を支援します。
  2. 看護師個々の主体性を尊重し、教育の機会を提供することで、専門職としての成長を支援します。
  3. 社会人としての自覚をもち、やさしさと思いやりのある看護を提供できる看護師の育成を支援します。

キャリア開発のための支援体制

  1. 新人看護師教育支援体制

    基礎教育で取得した看護実践能力を発展させ、看護専門職としての感性・態度を養い、今後のキャリア形成の基礎を築く上で、重要な教育と位置付けています。新人看護師が不安なく仕事ができるよう、プリセプターシップ制(一部パートナーシップ)で指導を行っています。
    (詳細は新人教育の項参照)

  2. クリニカルラダー制度

    看護実践能力の習熟度段階(レベルⅠ~Ⅳ)に応じた教育プログラムを策定し、教育の実践と支援を行っています。

  3. 目標管理制度

    クリニカルラダーシステムと個人の目標管理を意図的に連動させ、自己の能力開発を目指しています。

キャリア開発支援

キャリア開発支援

新人教育

新人教育支援体制

新人看護師としての1年間は、看護基礎教育で習得した看護実践能力を発展させ、看護専門職としての感性・態度を養い、今後のキャリア形成の基礎を築く上で、重要な期間であると考えています。新人看護師が不安なく仕事ができるように、プリセプターシップ制で指導を行っています。部署によってはプリセプターシップが効果的に機能するために、プリセプターの精神的負担を軽減し、プリセプターの支援を行うアソシエイトを配置しています。
また、一部の病棟では、パートナーシップ制を取り入れています。常に先輩看護師と二人で行動することで、先輩看護師の技術・知識を直に学ぶことができるようです。
各部署に教育担当者1~2名を配置し、部署における新人教育の企画と運営、プリセプターへの助言・指導、新人看護師への指導・評価を行っています。その他、新人看護師の支援には、チームリーダー、スタッフナースも日々の業務の中で指導・助言を行い、職場全体で新人教育の支援を行っています。
新人教育全体の統括は、研修責任者(看護師長)が専従でその任を担っています。新人看護師教育計画・実施・評価に加えて、師長・教育担当者と連携し、新人看護師の業務進捗状況等も把握し、新人看護師一人ひとりの職場適応が順調に進むよう支援しています。

新人看護職員研修の基本方針

  1. 基礎教育で学んだ事を土台に、臨床実践能力を高め、新人看護職員研修で修得したことを基盤に、生涯にわたって自己研鑽をする。
  2. 医療チームの中で、多重課題を抱えながら、看護を安全に提供するための臨床実践能力を強化する。
  3. 安全で安心な療養環境を保証するために、患者の理解を得ながら看護職員の研修に取り組む。

新人看護師1年間の到達目標

  1. 指導を受けながら、基礎看護技術を安全・確実に提供できる
  2. 基本的な看護過程の展開ができる
  3. 組織・チームの基本的な役割を果たすことができる
  4. チームメンバーの役割が遂行できる
  5. 自己の教育的課題を指導によって発見することができる
  6. 院内・看護単位の研修に主体的に参加できる

新人教育スケジュール

新人教育スケジュール